パリコレッ!2018 つるた聰子 時代裂のキルトアート展〜 町田 絹の道 〜

開催:2018年9月23日 (土) 〜 30日(日)

キルト作家:つるた聰子が時代裂で紡ぐ町田の「絹の道」「大賀蓮」。

江戸後期~昭和初期の古い布地=時代裂を丹念にはぎ合わせ、新しい命を与えた。
優美で気品を漂わせながら歴史と時代の凝縮を物語る作品の数々をご堪能ください。

特別企画 ① 花×時代裂の一期一会
〜 町田の華道家たちが紡ぐ華の世界 〜

町田の華道家たちが、つるた聰子の作品からインスピレーションを受け、表現する。花×時代裂の一期一会により、また新しい命が宿る。この個展でしか見ることができないスペシャルコラボをぜひお楽しみください。*9/22〜より毎日展示いたします。

草月流 小寺春晃 / 草照流 家元 藤澤照瑛 / 花芸安達流 木村文曈

特別企画 ② 9月22日(土) 個展開催記念スペシャルコンサート

幻の中国の古楽器「秦琴」・キルト・いけ花で紡ぐ新たな世界。

日本で唯一無二の秦琴奏者:深草アキを迎え、作家が作品に込めた想いに耳を傾け、秦琴の幻想的で繊細な絹の糸の余韻を楽しむ午後。

キルトアート×秦琴×いけ花のインスタレーション 「絹の道 絹の糸」

2018年9月22日(土) 開場14:00 / 開演 15:00(17:00終了予定)
料金 ¥3,000(全席自由)
<Live Guest>   深草アキ
<Talk>  つるた聰子
<Ikehana> 草月流 小寺春晃/草照流 家元 藤澤照瑛/花芸安達流 木村文曈
<Special Shop> 
町田市大賀藕絲館(蓮を使った商品の販売)
町田酒販協同組合(町田の農産物を使ったお酒の販売など)

特別企画③ ワークショップ

時代裂に触れてみよう!
時代裂貼り合わせオリジナルのポストカードを作ります。

開催日 9月23日(日)・24日(月・休)・29日(土)・30日(日)
時 間 11:00〜15:00
材料費 ¥300(予約不要)

ご挨拶

これは誰の着物の袖 誰が召したか羽織の裂 昔人の衣の色の万華鏡・・・
そんな美しい時代裂<じだいぎれ>に魅せられて長い年月を重ねて参りました。
太陽の光を浴び水をくぐっても尚 輝かしい物として、我が手の中にあります。
しかしそれらは歴史と共に 人々の生活と共に滅んで行きます。
人にも物にも深く捧げる魂と愛情と誠意そして根気が無ければこの様な美しい物は生まれないでしょう。
パッチワークの手法で小さく残された布をはぎ合わせ、
繋ぎ合わせて再び命を甦らせた数々の作品は見る人の心をきっとときめかせる事と思います。

町田は幕末から明治にかけて 八王子方面から横浜港迄生糸を運んだ中継点として栄えた事から「絹の道」と呼ばれています。
そして 薬師池公園には優雅で見事な大賀蓮が毎年咲きます。
又 町田市大賀藕絲館では蓮に因んだ様々な物が作られています。
今回はこの「絹の道」と「蓮」をテーマに時代裂<じだいぎれ>で作品を創りました。
沢山の方々のお目に止まれば幸いで御座います。
ご来場を心からお待ち申し上げます。

つるた 聰子

開催概要

日 程
2018年9月23日 [日] 〜 30日[日]
*9/22個展開催記念スペシャルコンサートあり
時 間
11:00〜17:00(最終入場16:30) ※ 最終日のみ16:00まで。
会 場
町田パリオ4Fフリースペース
料 金
入場無料
主 催
町田パリオ  
企 画
まちだはまちだプロジェクト  
協 力
町田市大賀藕絲館 /町田市立中央図書館
お問い合わせ
町田パリオ3F管理事務所 TEL:042-725-3710

▷つるた聰子プロフィール

町田市在住。1965年大阪音楽大学ピアノ科卒業。1980年より時代裂によるキルトアートを始める。
1988年頃、シルクロードをテーマにした作品、ヨーロッパ各都市の光と陰をテーマにした作品を発表。大阪阪急百貨店、安田火災主催展、京王百貨店、青山、銀座、表参道、松本、金沢、長野等、各地で個展を開催。またケルン、ミラノ、パリ、グリンデルワルト、ウィーン、ブダペスト、プラハなど海外での個展も数多く手掛ける。2013年にはフランス・パリで開催されているJAPAN EXPOにも出展。現在、文部科学省認可の文部科学省認可 学習フォーラムのキルトインストラクターとしても活躍中。

▷華道家
草月流 小寺 春晃(法子)プロフィール

1943年生まれ。大分県出身。
1961年 いけばな花月流に入門
1985年 町田市華道協会に所属。協会が主催する行事や市役所、博物館等にも作品を展示。
1997年、草月会支部主催、国営昭和記念公園での『よみがえる樹々のいのち』展には1回目から竹を使っての大作を13年間製作。
他、赤坂プリンスホテル、虎屋等のいけこみを行なっている。 
地元町田では竹を素材にお茶室などを製作している。

▷華道家
草照流 家元 藤澤 照瑛プロフィール

日本華道大学卒業。
浄泉寺にて住職婦人(千秋流)に師事したほか、草星流古明 家元 三好 素瑛氏、池坊 溝口 華月総華督に師事し、様々な角度からいけ花を学ぶ。
1998年 華道 草照流創流し、翌年、家元襲名。
2000年 草照会館を建設。
現在、町田市文化協会 評議員、東京都立町田総合高等学校 華道講師
町田華道協理事、町田文化協会評議員、横浜華道協会理事、いけばな協会会員、日本いけばな芸術協会会員、いけばなインターナショナル会員。

パリコレッ!芸術祭2018
2018年8月2日(木)~11月18日(日)
町田パリオ3・4Fイベントスペース

パリコレッ!とは、町田パリオが「コレッ!!」とオススメする”まちだのいいこと・いいもの"のこと。
今年も、様々なジャンルの芸術分野で活躍されている方々がパリオに集結しました!
「芸術の秋」をぜひ、パリオでお楽しみください。